登山の帽子を選ぶためのおすすめポイントとかぶり方をご紹介します!

2017.06.09

引用:写真AC

これから登山を始めようと思っている人の中には、何はともあれ、まず形から!と登山グッズを揃えることから始める初心者の人も多いことと思います。今回は、既に登山デビューをしている方も、これから登山を始めようと思っている方にも必見!登山でおすすめの帽子とかぶり方、選ぶ時のポイントや人気アイテムも紹介します。たかが登山帽子、されど登山帽子!お気に入りの登山帽子がきっと見つかるはずです。

 

後悔しない!登山用帽子を賢く選ぶためのポイントとは

60_1_201705

引用:楽天

●防水性に優れた素材の帽子を選ぶ
登山中に突然の天候の変化により、雨や雪が降っても安心です。また濡れるのを防ぐ事を重視する人には、キャップ型よりもハット型の帽子がおすすめ。ハット型はツバ部分が大きく首の全体を覆うため、水滴が襟元に入ってくるのを防ぎます。

●UVカット機能に優れた帽子を選ぶ
登山の際、山頂に近付くほど日差しが強くなります。帽子を買うときにはタグに「UV(紫外線)カット」と表記されたものえらびましょう。

●おしゃれな帽子を選ぼう
機能性が高いことは必須条件ですが、やはりお洒落であるという事も外せない重要なポイントです。派手めな色合いや柄ものを選んでおくと、おしゃれだけでなく、もし登山中に遭難したり、迷子になってしまった時にも見つかりやすいというメリットも。

登山用帽子のタイプ別お洒落なかぶり方をご紹介!

60_2_201705

引用:Goldwin

《おすすめのかぶり方:ニット帽型》

●浅くかぶる場合
レディースでもメンズでも、少し浅めにかぶるのことがトレンド風のお洒落なかぶり方です。すっぽりとかぶるのではなく、耳の上あたりで止めてみましょう。

●深くかぶる場合
防寒にも役立つ基本のかぶり方。コツとしては耳の半分くらいまでかぶることと、後ろ側を下まで下げておくとお洒落にキマります。

《おすすめのかぶり方:ハット型》
サファリハットなどハット型の登山帽子は、前側を少し上げるイメージでかぶりましょう。かぶり方ひとつで印象が変わるサファリハットは、額の生え際と眉の真ん中あたりに帽子のツバの先を止めるのがトレンドです。ツバは横に広げるより、全体を縦長のフォルムに抑えることがコツ。

 

ニューエラ アドベンチャーハット・ゴアテックス

60_3_201705

引用:Amazon

《ニューエラ・バケットハット・アウトドア・ウォータープルーフ/NEW ERA》

防水加工の機能が施されたニューエラのバケットハット。アドベンチャーハットに比べシンプルな形でかぶり易さが人気。吸湿速乾性の素材を使用している為、汗をかいた時も快適です。ボタンを留めれば、テンガロンハットのように被る事も出来てオシャレ。
登山用品の中でもゴアテックス素材を使用しているものは人気が高く、その秘密は雨は通さず、蒸気は通すという優れた素材であることです。ゴアテックス素材を使用した登山用帽子は正に登山に最適と言えるでしょう。シルエットもニューエラで人気の形です。
あごのストラップもあるので、突然の雨や強風にも飛ばされない工夫がしてあるので安心です。

 

基本を踏まえた上でお洒落なコーディネートを

近年は山ガールブームなどもあり、登山用のウェアやグッズもさまざまなお洒落アイテムが揃い、登山ファッションはますますスタイリッシュなイメージが定着してきています。せっかく登山を楽しむのなら、ファッショナブルにしたいですね!快適で安全な登山に適した動きやすさを基本に、小物やウェアなどに気を配ったコーディネートを心掛けてみましょう。

 

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。