山の必須アイテム!トレッキングアンブレラの選び方・5つのポイント

広告
2017.04.23

引用:pixabay.com
トレッキングを楽しんでいる最中に、雨に降られて困ったという体験を持つ人は多いでしょう。山の天気は変わりやすいのでレイングッズは必需品です。本格的なレインウェアよりも、軽くてコンパクトなので気軽に携帯できるのがトレッキングアンブレラです。ここでは、そんなトレッキングアンブレラの種類や人気ブランドなどをご紹介しましょう。

トレッキングの雨対策〜アンブレラは必要なのか?〜

72_1_20170326引用:amazon.co.jp
山の天気は変わりやすく、ときには雨に降られることもあります。トレッキングのときには雨対策は欠かせないものです。レインウェアを持っていくのか?アンブレラを持っていくのか?と、迷う人も多いでしょう。そこで、トレッキング用のアンブレラの必要性について考えてみました。

1.トレッキングアンブレラのメリット

・レインウェアのフードをかぶらなくて済むので視界が狭くならない
・レインウェアのフードで音をさえぎられない(周辺の変化をキャッチできる)
・雨だけではなく風も防ぐことができる
・日差しが強いときには日傘として使える
・コンパクトで軽い製品を選べばレインウェアよりも携帯が楽

2.トレッキングアンブレラのデメリット

・片手が離せないので岩場を登るときには不便
・強風のときにはあおられて危険なこともある
・長時間使用しているとかさばる
・狭い道だと邪魔になることもある

基本的には、急な岩場を登ったり強風の日に登山したりするのではない限り、アンブレラを持参するほうがおすすめです。

2.トレッキングアンブレラを選ぶときの基準

72_2_20170326引用:amazon.co.jp
トレッキングアンブレラを選ぶときには、何を基準に選べばいいのでしょうか。

1.折りたたみ傘であること
2.畳んだときにコンパクトになること
3.軽量であること
4.傘を広げたときの幅は、体を全部カバーできるサイズであること。半径55センチ〜70センチが理想的です。
5.「柄」が長めのほうが疲れない。短すぎると長時間持っていると疲れてしまいます。普通の傘をさすときのように、自分の胃の高さで「柄」を握れる程度の長さがある傘がおすすめです。
6.グリップ部分が小すぎると長時間握るのが辛くなります。できるだけ普通の傘のような感覚で持てる「J字」のほうが疲れません。

トレッキングアンブレラが人気のモンベル

72_3_20170326引用:amazon.co.jp
トレッキングアンブレラで人気があるのは、日本を代表するアウトドアブランド「mont-bell(モンベル)」です。モンベルでは以下のようなアンブレラを展開しています。

トレッキングアンブレラ

72_3_01_20170326引用:webshop.montbell.jp
55センチのカーボン骨8本を使用した傘で、軽量でありながら強度もあります。本体の重量は150グラム、傘袋に収納したときの長さは27センチ、広げたときの直径は98センチです。黒・グレイ・ターコイズブルー・黄色・赤・黄緑などの色展開で、無地ベースに一か所だけ「mont-bell」のロゴが入っています。
・4,500円税別

U.L. トレッキングアンブレラ

72_3_02_20170326引用:webshop.montbell.jp
トレッキングアンブレラよりも5センチ骨長を短くした50センチサイズの傘で、本体の重量は128グラム、傘袋に収納したときの長さは26センチ、広げたときの直径は88センチです。
・4,800円税別

トラベルアンブレラ

72_3_03_20170326引用:webshop.montbell.jp
6本骨で本体の重量は86グラムと超軽量傘。広げたときの直径は88センチで傘袋に収納したときの長さは26センチです。
・5,200円税別

これ以外にも、背中側を長くしてバックパックが濡れないように工夫している「ロングテイルトレッキングアンブレラ」、光を反射するので夜でも高い視認性がある「リフレックトレッキングアンブレラ」などがあります。

モンベル以外のメーカーのトレッキングアンブレラ

72_4_20170326引用:amazon.co.jp

モンベル以外のメーカーでは以下のような製品があります。

EVERNEW(エヴァニュー)

72_4_01_20170326引用:amazon.co.jp
日本の老舗アウトドア・スポーツ製品メーカーです。ウルトラライトアンブレラ(3240円税込)は、使用時の直径は78センチ、収納時は21センチ、90グラムとコンパクトで軽量な傘です。

SEATOSUMMIT(シートゥーサミット)

72_4_02_20170326引用:amazon.co.jp
オーストラリア発のアウトドアブランドです。ウルトラSILトレッキングアンブレラ(5,400円税込)は、強度と耐性度に優れているのが特徴で、使用時の直径96センチ、収納時は24センチ、重量は280グラムです。

EUROSCHIRM(ユーロシルム)

72_4_03_20170326引用:amazon.co.jp
ドイツのブランドで、高品質・高機能なアンブレラ作りを90年間続けています。ライトトレックアンブレラ(6,500円税別)は、使用時の直径98センチ、収納時は28センチ、重量は255グラムです。グリップ部分にはコンパス、傘収納ケースの後ろにはカラビナが付いています。

トレッキングアンブレラを選ぶ時には「色」も重要!

72_5_20170326引用:pixabay.com
トレッキングアンブレラを選ぶときには、軽さ・機能性・大きさなどを十分に比べて選ぶことが大切です。また、どのブランド(メーカー)も、いろいろなカラーを展開しているので「色」も考えて選びましょう。トレッキング用に選ぶときには、イエローや赤、ターコイズブルー、黄緑などの鮮やかな色がおすすめです。タウンで使う傘の場合は黒や茶色などのオーソドックスなカラーでもいいのですが、自然あふれる野山の中では鮮やかなカラーのほうが映えます。また、万が一グループと離れてしまったり道に迷ってしまったりしたときは、鮮やかで人目をひくカラーの傘は見つけやすいのです。

そして、トレッキングアンブレラを使用するときには、くれぐれも足元に気を付けて歩くようにしてください。狭い道で人とすれ違うときには、相手に傘がぶつからないように気を付けましょう。また、風が強いときは傘をさしているとひっくりかえったり飛んだりして危険ですので、たたむようにしてください。

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。