【ダイヤモンドヘッドの登山&服装】ハワイのダイヤモンドヘッドでハイキング

2016.07.01

こんにちは!

マウンテンシティのスタッフです。

梅雨なので雨がふるのはあたりまえですが、こう天気が悪い日が続くと今回のレポートのようなハワイのすばらしい青空の写真に目がいってしまいます。

それではマウンテンレポートをご覧ください!


マウンテンレポート#12


投稿者プロフィール

39歳 女性

山登り経験:20回

年間の登山回数:2回

初めて登った山:福智山

好きな登山ブランド:エーグル、コロンビア、ノースフェイス


Q.好きな山について教えて下さい。

A.登山の楽しみ方は人それぞれだと思いますが、私は登山はゆっくりと景色を楽しみながら登るほうが好きです。

例えばお弁当を緑豊かなところで食べたいからというようなハイキングみたいな手軽な感じが良いと思うのです。なので北アルプスや富士山などの山に登るにはこんな軽い感じのノリで行くと生死に関わる重大事になるので、それなりの登山に対しての覚悟がある方でないと行ってはいけません。

MountainReport15-2

数ヶ月前にハワイに行った時にダイヤモンドヘッドに登ったのですが、まさしくこのダイヤモンドヘッドは私の好きなタイプの山でした。まず非常に低い山なので45分ほどで登れてしまいます。綺麗に登山道も舗装されていますのでスニーカーで充分です。外国の方はビーチを歩くようなスタイルでビーチサンダルに手ぶらで登っていました。しかし常夏のハワイですので喉が渇くので飲み物は絶対必要です。運動をすることと一緒ですからお腹がすくのでちょっとしたスナックを持っていくといいでしょう。頂上は非常に狭く、お弁当を食べるようなスペースはありませんので、ワイキキビーチと街並みと海のダイナミックさを存分に目に焼き付けて帰ってくださいね。

MountainReport15-3

Q.登山用具やファッション&服装について教えて下さい。

A.私はハイキング目的の比較的低い山が好きなので、本格的な道具はほとんど持っていません。

小学校や中学校で秋や春に遠足と称して山登りがあったと思いますが、基本はそこからあまり変わっていないのかもしれません。

お弁当は登山を降りてパックを捨てられるようなものを選びます。飲みものはわりとたくさん飲むほうなのでサーモスの魔法瓶を愛用しています。2本持ってゆくこともあります。ナップサックにすっぽり入るのでとても便利です。

レジャーシートや雨が降ったときのレインコートは必須です。特に登山用のものではありません。

防寒として使い捨てカイロも持ってゆきます。タオルも必須です。

お弁当の他に糖分がとれるお菓子を持ってゆきます。チョコレートやスニッカーズのようなチョコバーは非常に優秀です。

登山のファッションに関しては私はエーグルのものやコロンビアが好きです。これは登山以外で街で着ていても全く遜色ないのでフリースやニット帽など愛用しています。

フリースやパーカーの上着をタウン着として着れるような落ち着いた色を選んだら、逆にリュックは赤や明るい色の正反対の色を選んだりしています。晴れやかな気分になりたい時、ダークな色ばかりだとそんな気分になかなか乗れないので、手袋やリュックなど小物で明るい色を取り入れるようにしています。


スタッフからのコメント

ハイキングのような登山がお好きだと言われてますが、装備はしっかりしていますね。

本当に必要なものを最適なレベルでそろえられていると思います。

しかし、ハワイいいですね。登山目的でハワイに行くというのもありですね。

それでは、次回をお楽しみに!


マウンテンシティの登山用品買取専門サイトはコチラ

登山用品&アウトドアファッション用品全般の買取専門サイト『マウンテンシティ』

登山用レインウェアの買取ならマウンテンシティをご利用ください。

 

エーグル、コロンビア、ノースフェイスの買取ならマウンテンシティ

 

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

新着記事

今週の人気記事

  1. 安いおすすめテント12選|初心者向け入門用、ソロから家族向けも!
  2. 山って買えるの?はじめて山の購入を考えている人が読むまとめ
  3. 由布岳の登山は初心者OK!おすすめのコースやアクセス情報を紹介!
  4. ブッシュクラフトナイフ選び方|キャンプに使えるおすすめ人気ブランド
  5. サコッシュとは?他のカバンとの違いからおすすめ品まで一気にまとめてみた

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。