登山用のステッキ(ストック)の選び方は?特徴や正しい知識をご紹介!

引用:写真AC
ステッキは登山中の歩行をサポートして支えてくれるアイテムです。グリップやジョイントの形状、素材などにより、様々な種類のものがあるので、自分の使用目的にあった握りやすいもの選ぶことが大切です。今回は登山用のステッキ(ストック)についての選び方や使い方などをご紹介していきます。

ステッキ(ストック)の役割

YAMAHACKさん(@yama_hack)がシェアした投稿

それでは、まずステッキ(ストック)の役割についてご紹介していきましょう。
登山の際に多く見られるステッキ(ストック)は、歩行中のバランスを取りながら、身体にかかる負担を分散することにより、疲労を軽減することができる便利なアイテムです。また正しい知識を持たず、誤った使い方をすると、事故につながることもありますので、事前に正しい使い方を知っておくことが重要です。

ステッキ(ストック)の特徴

ステッキ(ストック)の最大の特徴は、歩行中に身体にかかる負担を軽減できることです。特に、登山の下り道では身体への負担が脚に集中するため、膝を痛めてしまうことも多く見られますが、ステッキ(ストック)を使用することで防ぐことができます。

どんなときに使うの?

普段歩いているアスファルトの道に比べて、登山での道は足場が悪く、バランスを崩しがちですが、ステッキ(ストック)を使用することにより、脚への負担を分散して全身の疲労を軽減することが可能です。

ステッキ(ストック)の種類

ステッキ(ストック)の種類についてご紹介します。形状により大きく分けて2種類のものがあります。

《I字型》
横側から握るタイプです。ストラップ部分に手首を通し、腕全体を使って重量を分散させるため、登り坂や長距離での歩行に向いています。一般的に2本で使用されます。
《T字型》
上側から握るタイプですので、I字型のものよりも短めのサイズのものを選びと良いでしょう。一般的に1本で使われることが多く、下方向に力がかかるため、下山の時に高い効果を発揮します。

yamajoshiclubさん(@yamajoshiclub)がシェアした投稿

ステッキ(ストック)の素材

ステッキ(ストック)に使われている主な素材についてご紹介します。

《アルミ製のもの》

アルミホイルなどで知られているアルミニウムはステッキ(ストック)に多く使用されている素材です。軽量で比較的低価格ですが、ジュラルミン製のものに比べ、強度が劣り折れ曲がりやすいのが欠点です。軽さを重視する方であれば、アルミ製のものがおすすめです。

《ジュラルミン製のもの》

ジュラルミンはマグネシウムやアルミ、銅を合成し、より高い強度を持つ合金の一つです。高い強度が最大の特徴ですが、重量があるのが欠点です。

《カーボン製のもの》

アルミ製のものよりさらに軽いのが特徴です。また、金属製のものと比べ柔らかい素材ですので腕にかかる負担も少なく、錆びによる劣化の心配もありません。やや耐久性に劣ることが弱点と言えます。

ステッキ(ストック)の選び方のポイント

ロッジ京都店さん(@lodgekyoto)がシェアした投稿

ステッキ(ストック)を選ぶ時は、軽さや強度、操作性、収納性などがポイントとなります。選び方のポイントは様々ありますが、主な3つポイントについてご紹介します。

1・軽量
軽量であることを重視される場合はカーボン製のものを選びましょう。また、多少曲がりやすくても購入価格を抑えたい場合は、アルミ製のものを選ぶと良いでしょう。

2・耐久性
重量があっても、丈夫さを重視する場合はジュラルミン製のものを選ぶと良いでしょう。

3・自分に合ったサイズ
自分の身長に最適な長さのものであるか確認することが重要です。またグリップ部分が握りやすいかもポイントです。

ステッキ(ストック)のお手入れ・保管のポイント

kaoriさん(@cielo226)がシェアした投稿

ステッキ(ストック)を使用した後のメンテナンスについてご紹介します。

お手入れ方法

ステッキ(ストック)を使用中に急に折れたりしたら大きな事故にもつながる危険があります。使用した後には、その都度シャフトを外して水洗いしておきましょう。また水分が残ると錆びる場合もありますので水洗いした後は、水分をよく拭き取っておきましょう。

保管方法

錆びるとジョイント部がスムーズに動かなくなり、折れる原因にもなりますので注意が必要です。風通しの良い場所で乾燥させ、分解した状態で保管しておきましょう。

初心者にオススメのステッキ(ストック)

Erikoさん(@maru.e)がシェアした投稿

初めてステッキ(ストック)を購入する方におすすめのアイテムをご紹介します。

DABADA(ダバダ) 軽量アルミ製 トレッキングポール 2本セット

DABADA(ダバダ) 軽量アルミ製 トレッキングポール 2本セット
DABADA(ダバダ) 軽量アルミ製 トレッキングポール 2本セット
サイズ:収納時56cm 使用時 最長120cm
重量:約200g(1本)
素材:アルミニウム合金7075
付属品:取扱説明書・トレッキングキャップ×2 バスケット×2
Amazon限定キット:専用ケース・トレッキングキャップ×2・ウォーキングキャップ×2

初心者の方にも使いやすい丈夫で軽いステッキです。地面にめり込むのを防ぐ着脱式のバスケット付きで安心です。コルク素材を使用したグリップは、ストレートの形状で持ちやすくなっています。

シナノ(SINANO) SINANO シナノ 2本組

シナノ(SINANO) SINANO シナノ 2本組
シナノ(SINANO) SINANO シナノ 2本組

使用サイズ:100~130cm、収納サイズ:61cm
重量:約280g(1本)
調節:回転固定式
先ゴム:PP-F2
セット内容:2本組、取扱説明書

シナノの丈夫で低価格なモデルです。ねじ式のシンプルな長さ調節ですので、初心者の方も扱いやすい構造です。初めてステッキを購入する方にもおすすめです。

Helinox(ヘリノックス) LB-130SA

Helinox(ヘリノックス) LB-130SA
Helinox(ヘリノックス) LB-130SA
素材:超軽量TH-72Mアルミ(直径18.5/16.7/14.75CM
機能:3段レバー/ボタンロック/アンチショック/ガタ止めリング/テンション軽減加工
重量:460g(2本セット)
サイズ:100-130cm
収納時サイズ:59.7cm

自社独自の開発のアルミ合金素材を採用したモデルです。丈夫な作りで軽量ですので使いやすいステッキです。長さ調節はボタン式とレバー式の両方あり、初心者の方でも簡単に片手で操作できるので便利です。

自分に合ったステッキ(ストック)を見つけよう

いかがでしたでしょうか。ステッキ(ストック)についてご紹介してきました。用途によって様々な使い方ができます。今回ご紹介した選び方などを参考にして自分の使用用途にピッタリ合ったステッキ(ストック)見つけて快適な登山を楽しみましょう。

ステッキ(ストック、トレッキングポール)なら、こちらの記事もオススメ

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。