スノーピーク買取

筑紫野店スタッフブログ

筑紫野店スタッフブログ

2017.8.10

登山を始めるときに気をつける「靴」のこと

 

マウンテンシティにはスタッフ用の

深緑のポロシャツがあるのですが

それを着たまま福岡のテーマパークである

「ハンズマン」

で事務用品のお買い物をしていました。

真剣に商品を選んでいると

「金槌はどこにありますか?」

と店員に間違われたスタッフKです。

 

 

すぐにあたりを見渡したところ

ハンズマンも深緑のスタッフポロシャツでした。

 

 

その他にも

ユニクロ・無印・JINS・ダイソー

でも店員に間違われたことがあります。

 

 

登山初心者の悩みである靴

登山・トレッキングを始める時に

まず最初に悩むのが「道具」です。

 

 

「どんな服を着ればいいのか」

「普段着ではダメなのか」

「登山の何が大変なのか」

「スニーカーはNGか」

「おやつはいくらまで大丈夫か」

 

 

最初はいろいろと悩みが尽きないものです。

なかでも自分が最初に失敗したのが靴だったので、

今回のブログでは「登山靴」について説明します。

なおこのブログでは

登山靴とトレッキングシューズは

同じ意味とさせていただきます。

 

 

登山でスニーカーがダメな理由

 

登山を始めるにあたって持っていないアイテムと言えば

登山靴です。

スポーツウェアやリュックはあるけど、

登山靴はもっていないので

足元はスニーカーでもいいのかと迷うところです。

ただスニーカーで登山はおすすめしません。

スニーカーがオススメできない理由は

ソール(靴の裏側)が柔らかいので疲れるからです。

この「疲れる」原因は何かというと

 

①地面の凸凹に靴が変形してしまう

②歩いていて滑りやすい

 

①スニーカーはほとんどが平らなアスファルトの上を歩くように作られていますので、ソールの硬さはあまり必要ありません。また快適にするためクッションを多めにして、柔らかくしています。山との違いは地面の形状です。山では道を舗装していないので、木の枝や石などがあります。その上を快適に歩くためにはソールの硬さが必要になってきます。2.3センチくらいの小石を踏んだときに、スニーカーだと明らかに不快ですが、登山靴ならへっちゃらです。それが続いたらどうなるか、いかに大変か想像できるのではないでしょうか。

 

 

②登山靴の特徴としてもう一つが「靴の裏の凹凸」です。スニーカーはほとんど平らなのに対して、登山靴はかなり凸凹な仕上がりになっています。これは山の自然な道で滑らないようにです。山は斜面を登っていくので、坂道を歩きます。そのうえ地面は土で、石や葉っぱなどが落ちています。通常の道より何倍も滑りやすくなっているのです。なのでスパイクのような凸凹が靴に必要になってきます。

 

 

 

 

登山靴の大切さ

登山とポピュラーなスポーツと一番の違いは「道・地面」です。なので靴はしっかり選んでください。高いのを買ったほうがいいというのではなく、安くても大丈夫なのでちゃんとした「トレッキングシューズ・登山靴」を選んでください。また最初から新品ではなく、中古という選択もあります。 まだまだ少ないですが中古のアウトドア専門店が世の中にはありますので、実際に履いてみて、サイズがあったものを探してみてください。

 

 

価格を抑えた中古の靴をお探しなら

マウンテンシティは中古のアウトドアアイテムを取り揃えています。

中古の靴なんてという方もいらっしゃるかもしれませんが、

ちゃんと試着して選べば問題ありません。

大きな破損や劣化がないかを確認しましょう。

 

それではマウンテンシティにある登山靴を紹介していきます。

 

靴_170810_0001

ブランド:コロンビア

トレッキングシューズ

1980円

コロンビアはファッションからアウトドアまで幅広くアイテムを展開するブランドです。

ファッションから知っている方も多いのではないでしょうか?

こちらは使用感があるのので価格を安くしています。

 

 

 

靴_170810_0007

ブランド:ガルモント

トレッキングシューズ

5000円

ガルモントは登山靴ブランドでも人気があります。冬山登山などハイスペックな靴も多くあり、こちらもしっかりした作りになっています。

 

靴_170810_0003

ブランド:シリオ

ゴアテックストレッキングシューズ

4500円

シリオは国内ブランドで、日本人の足型にあった靴を作っています。デザインは少し古い感じの物が多いですが、履きやすさはやはり日本ブランドのためいいです。

またゴアテックスとは、透湿性のある防水素材のことです。透湿性とは湿気が素材を通過することができることを指します。液体は通らないが、気体は通過できるようなイメージですね。

雨は靴の中に入らないけれど、汗は蒸気になって外に排出されていきます。

靴の中が蒸れにくくなるので、登山靴のほとんどに採用されています。

 

靴_170810_0005

ブランド:モンベル

ゴアテックストレッキングシューズ

4500円

montbellは国内最大級のアウトドアブランドで、モンベルと読みます。モントベルではありません。

安くてしっかりしており、コスパが高いと人気のブランドです。低価格からハイスペックまで幅広くアイテムを展開しています。

 

靴_170810_0009

ブランド:スカルパ

mont blanc pro GTX

18000円

名前と値段の通り、ハイスペックな靴になります。雪山や冬用に使われます。スカルパも登山靴の中でかなりの人気を誇るイタリアブランドです。

登山靴はやはりヨーロッパのブランドを中心に人気があります。

デザインもかっこいいのが多くあります。

 

 

 

マウンテンシティではその他にも

より上級者向けなシューズも多く取り揃えています。

靴_170810_0011

ブランド:スポルティバ

登山靴

60000円

超ハイスペックな登山靴です。かっこよすぎます。

 

靴_170810_0013

ブランド:スポルティバ

60000円

雪などが靴に入らないようにカバーが付いたモデルです。

 

靴_170810_0015

ブランド:イノヴェイト

トレイルランニングシューズ

8000円

こちらは山の中を歩くのではなく、走るのを目的に作られた靴です。

ランニングシューズのソールを固くして凹凸を増やしたような設計です。

滑りにくさとある程度のソールの硬さを出しています。

上級者の中にはあえて軽いトレラン(トレイルランニングの略)シューズを選ぶ方もいるようです。

 

 

まとめ

マウンテンシティでは中古のアイテムを買取しています。

なかには一回使って、2回目以降使う予定がなくなってしまった

といったお客様も多くいらっしゃいます。

そんなときは捨てることもできずに持っておくと

時間と共にアイテムが劣化してしまうことがあります。

よく中古市場で言われている

「高く売るなら早めに」

というのは、すべての製品に言えるかもしれません。

モノというのは作った直後から

目に見えなくても価値が下がってしまいます。

アウトドアのアイテムについては

ぜひマウンテンシティをご利用ください。

頑張って高価買取を実現していきます。

 

 

マウンテンシティ 福岡筑紫野店 買取予約フォーム

https://mountain-c.com/buy/shop/fukuoka/chikushino/

マウンテンシティ 福岡筑紫野店 求人情報

https://mountain-c.com/buy/shop-blog/fukuoka/shopblog_fukuoka-10663/

マウンテンシティ 福岡筑紫野店 Facebook

https://www.facebook.com/mountaincitychikushino/

マウンテンシティ 福岡筑紫野店  Instagram

https://www.instagram.com/mountaincityfuk/?hl=ja

マウンテンシティ 公式HP

https://mountain-c.com/buy/

 

※記事の掲載内容、所属や役職は執筆当時のものです。