【手ぶらでキャンプ!?】おしゃれキャンプを気軽に楽しめる話題のサービス、Campify(キャンピファイ)の特徴に迫る!

2020.06.25

空前のアウトドアブームの中、キャンプを始める方も増えてきています。

とはいえ、

「キャンプを始めてみたい、だけど準備や後片付けが面倒。」

こんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。

たしかにキャンプってテント設営から最後は後片付けまで、けっこう大変…。手軽におしゃれキャンプができたらな…という声もよく聞きますね。

じつはこんな方におすすめしたい便利なサービス、あります…!

それが今話題の手軽にキャンプ体験が可能なサービス「Campify(キャンピファイ)」です。設営、後片付けはCampifyにすべておまかせ。お困りごとはLINEで気軽に問合せできるという親切なサービス。

今回はそんな画期的なサービス「Campify」の魅力や特徴に迫ります。

面倒な手続きはすべて不要!Campifyのサービス、3つの特徴をご紹介

CampifyはFLY株式会社が運営する、キャンプ用品のレンタルサービスです。おしゃれなキャンプを手ぶらで楽しめることで、今話題を呼んでいます。

Campifyの大きな特徴は以下の3つ。

  1. 本格的なキャンプ道具が格安でレンタルできる!すべて込みでひとり14,980円!
  2. テント設営、片付けまでも不要!すべてCampifyにおまかせできる
  3. ここまでやってくれるの?キャンプ中のお困りごともLINEで聞ける

それぞれ順番にご紹介していきますね。

①本格的なキャンプ道具が格安でレンタルできる!すべてこみでひとり14,980円!

Campifyの利用料金はひとりあたり14,980円。金額には以下のものが含まれています。

キャンプ場の利用料
キャンプに必要な道具一式(テント、タープ、焚火台など)

そのため、キャンプ場に持っていくべきものは着替えなどのお泊まりグッズと、当日の食事に必要な食材のみ。これはほんとに気軽におしゃれキャンプが楽しめますね。

※レンタルに含まれるキャンプ道具の詳細はこちらをご覧ください

またCampifyでは本格的なキャンプ道具がレンタルできます。例えば、テント。以下の3種類からいずれかを選べるんです。

  • ノルディスク アスガルド 12.6
  • ハイランダー エアートンネル ルーミィ
  • ノルディスク アルフェイム 12.6

いずれもおしゃれキャンパーが持っている大人気テントです。購入すると5万円〜10万円ほどする高級品…。こが借りられてひとりあたり14,980円は格安です。

アスガルドやハイランダーのような大人気おしゃれテントって、レンタルでも高価な場合が多いのですが…Campifyでは破格のお値段で利用できるのがすごい…。

②テント設営、片付けまでも不要!すべてCampifyにおまかせできる

Campifyの最大の特徴がこれです。一般的なレンタルサービスですと、キャンプ道具を借りて、自分で準備、後片付けをしなければなりません。

一方でCampifyを利用すると、テント設営などの面倒な準備から最後の後片付けまでやってくれるんです。純粋に「キャンプだけを楽しみたい!面倒な準備、片付けはやりたくない!」こんな方に大変おすすめできます。

③ここまでやってくれるの?キャンプ中のお困りごともLINEで聞ける

Campifyではキャンプ中のお困りごとを解決してくれる仕組みもあります。

「キャンプがはじめてでわからないことだらけ…」

という方であってもキャンプ中にLINE相談でき、アドバイスをいただくことが可能。未経験のキャンパーさんはもちろん、キャンプ初心者の方にもうれしいサービスですね。

とても簡単!Campifyのサービス利用の流れについて解説

具体的なサービス利用の手順は以下の通り。

  1. LINEでアンケート記入(名前、連絡先など)
  2. 行きたいキャンプ場を選ぶ(5つから選択できます)
  3. テントを選ぶ
  4. 決済

キャンプ当日は食材を買って、LINEで受け取ったチェックイン情報をもとにキャンプ場へチェックイン。テント設営などの事前準備はされているので、あとはキャンプを楽しむだけ!

通常だとキャンプ場やレンタル品の予約が事前に必要…しかしCampifyだと面倒な手続きはすべて不要なんです!LINEですべて完結でき、手間がかからないから大変便利ですね。

一般的なキャンプ用品レンタルとCampifyで利用金額を比較してみた

ここまでCampifyのサービスをご紹介してきましたが、

他のキャンプ用品レンタルサービスと比較すると、どうなのよ?

と疑問に感じる方も少ないと思います。

そこで一般的なキャンプ用品レンタルサービスとCampifyを3人キャンプという設定で、金額比較してみることに。

▼一般的なキャンプ用品レンタルサービス

キャンプ3人用セット(※) 35,000円
焚火台BBQセット 6,000円
寝袋(×3) 6,000円
その他(調理器具や炭など) 2,000円
500円
キャンプ場利用料 9,000円
合計金額 58,500円

※テント、タープ、チェア、テーブル、ランタン×2

▼Campifyを利用した場合

上記のような基本的なキャンプ道具、調理器具までもついていて、3人で44,850円

Campifyの利用でレンタルできるキャンプ道具、詳しくはこちらをチェックしてくださいね。

テント設営などの事前準備、後片付け、LINEでの質問つきでこのお値段です。面倒なキャンプ場予約のやりとり、キャンプ用品レンタル予約も不要で手間いらず。そのためキャンプ経験が少ない方にも、うってつけのサービスです。

Campifyで利用できるキャンプ場は5つ。千葉県、茨城県、群馬県、埼玉県から選べる!

Campifyで利用できるキャンプ場は以下の5つです。

  1. 成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場(千葉県)
  2. Ocean’s Camp TORAMII-Ichinomiya-(千葉県)
  3. イバフォルニア・ビーチキャンピングプレイス(茨城県)
  4. HOTAKANE BASE(群馬県)
  5. リバーパーク上長瀞オートキャンプ場(埼玉県)

いずれもそれぞれに魅力のあるキャンプ場が勢揃い。都内からアクセスしやすいキャンプ場ばかりでうれしいですね。詳しいアクセスや利用時間はキャンプ場のホームページでの確認をおすすめします。

利用するなら今がお得!2020年7月中予約で20%OFFクーポンを配布あり

そしてなんとCampifyでは、今だけ限定企画も進行中!2020年7月中の予約で20%OFFクーポンが配布されるとのこと。

キャンプをはじめたいけど、

  • キャンプ道具を揃えるのが面倒
  • キャンプの事前準備が億劫

こんな方の背中を後押しするCampifyの期間限定キャンペーン。気になっている方はこれを機にぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

\今だけお得/

期間限定Campify
20%OFFクーポンで予約する!

Campifyを運営されているFLY株式会社、木村さんからのメッセージ

最後にCampifyを運営するFLY株式会社、木村さんに利用者の方に向けてのメッセージをいただきました…!

私自身の大人になってから初めてのキャンプでは、キャンプ場で道具をレンタルしました。

しかし、寝袋が破れていたり、テントの建て方が全然わからず建て終わったときには日が暮れてたなんて失敗が…

そんな自分自身の経験に基づき、キャンプ初心者だけでも本格的なキャンプを楽しめるサービスを作りました。

実際、初めてのキャンプにご利用頂くケースが非常に多いですね。初めてキャンプの場合、一式揃えるのは大変だし、お金も結構かかってしまいます。レンタルするにせよ、セット内容が最低限必要な道具だけだったり、そもそも使い方がわからない方もいます。

Campifyは一括でキャンパーも羨むような道具のレンタルができ、設営や片付けも不要なので、気軽に本格的なキャンプを始めることができます。

またキャンプ当日も、設営や片付け等といった、初心者には面倒・やり方がわからない・力仕事で大変といった作業をすべて代行します。この簡単さが理由でリピートしてくださるお客様も多くいらっしゃいます。

LINEでご相談頂きながら、簡単に予約できるので、ぜひ一度利用してみてください!

まとめ:手軽におしゃれキャンプを楽しみたいならCampifyで決まり!

この記事では今話題の手軽にキャンプ体験可能なサービス、「Campify」の魅力や特徴について取り上げました。

従来のキャンプ用品レンタル業者と比較しても、格安で道具を借りられ、準備や片付けまでも代行いただける、今までにないサービスです。

今までキャンプをやってみたかったけど、ハードルが高くて踏み出せなかった…

こんな方でも気軽に利用できるサービスだな、という印象を受けました。今なら7月中の予約で20%OFFクーポンが配布されているので、これを機にあなたもこの夏キャンプデビューしてみてはいかがでしょうか?

 

\今だけお得/

期間限定Campify
20%OFFクーポンで予約する!

>>Campifyのサービスを公式ホームページでチェックする!

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

新着記事

今週の人気記事

  1. 山を買う⁈山林売買の基本まとめ(自分だけのキャンプ場を持つ)
  2. 世界で難易度が高い山3選|谷川岳、K2(パキスタン)、アンナプルナ(ネパール)
  3. 最強!キャンプにおすすめ タイプ別虫除けグッズ
  4. 山林購入は失敗!たった一つの理由とは?【自分のキャンプ場を作る夫婦の話#4】
  5. 発表します。山を買いました!【自分のキャンプ場を作る夫婦の話#1】

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。