絶景!タナおすすめのキャンプ場厳選ベスト7!星空、夜景、富士山、海外も

2019.06.13

こんにちは、タナです!
本日は、これまでに訪れたすべてのキャンプ場のなかから、絶景が楽しめるキャンプ場を7つ厳選してみました。

僕はすごく写真が大好きで、星空とかを撮影するのが好きです。山や湖などの壮大な景色も大好きなので、そういった視点で、絶景と呼べるような場所をチョイスしました。

特に優劣をつけるわけではないのですが、自分的に気に入っている5箇所と、海外から2箇所になります。海外の2箇所はハワイで、まだ動画にしていないのですが、とんでもない星空のキャンプ場です。

陣馬形山キャンプ場(長野県)

こちらは無料のキャンプ場です。それほどサイトの数も多くないので、週末などは早めの時間に行って場所を確保しないと大変かも知れません。

クルマで行けて、標高が1445mの陣馬形山の山頂付近にあります。南アルプスと中央アルプスを一望できるロケーションになっています。

階段で頂上まで登ることができ、そこから山並みを見渡しながら、夜に写真を撮ったりしました。

このときは確か3月の頭くらいだったと思うんですけど、まだめちゃくちゃ寒くて、タイムラプスを撮るために4時間くらい上にいる間正直凍えそうになりました。しかしおかげさまで空気がきれいで雲も多くなく、綺麗な写真が撮れました。

タイミングによっては雲海が見られるそうで、写真が好きな人にはとても良いキャンプ場です。僕はこのときカメラの技術がまだそれほど無かったんですけど、他の方は上手く撮っていたりしたので、写真を取りやすい場所だと思います。

2019年の4月に、トイレなどを綺麗にリニューアルオープンしたそうです(僕が行ったときは工事中でした)。女性の方でも行きやすくなってるんじゃないかと思います。

炊事場が10月末〜4月まで止水されていると書いてあります。それから直火は禁止です。

薪とか食材は上で買うことができず、すべて持っていかないと行けないのでその点は気をつけてください。

僕が行ったときは空いていましたが、SNSとかを見ていると最近は混んできているようなので、時期やタイミングを見極めて行くと良いかも知れません。

個人的には、国内で行ったキャンプ場のなかではとても気に入っています。アルプスが一望できるというインパクトが強いです。天空のキャンプ場とも呼ばれています。

視聴者
視聴者
陣馬形山の冬季の追加注意点として、3ルートのうち許可されてる(自治体が道を保証している)のが1ルート(中川村役場から風丸神社を経由)だけということ。また陣馬形山に限らず冬季の高地キャンプ場では寒さ対策が必要ですね。
私が行った時は既にトイレは出来てました。流し場やトイレ内手洗い用の水は止水してましたが、トイレを流すための水(少し土色をした水)は利用できました。
タナ
タナ
キャンプ場紹介動画をご覧いただきありがとうございます!
そして、貴重な情報も助かります。
トイレはなんかすごく綺麗だっていわれてますね!(SNSなどでみました)
これからの季節は混みそうなので次はどこに行こうか迷っています笑

パインウッドオートキャンプ場(山梨)

ゆるキャンでも紹介されているキャンプ場で、キャンプサイトが10個ほどだったと思います。予約が埋まってしまうことがあるので、しっかり事前に予約していかないと難しいと思います。

管理人さんが元々建設業をされていて、ご自身で整地されたりしてキャンプ場のロケーションをかなりこだわって作り込まれています。僕が行ったときも1時間ほど話し込んだんですけど、各キャンプサイトは段々になっていてあまり横が見えないように配慮されていたり、景色がしっかり見えるような作りになっていたりして、本当にキャンプが好きな人が作ったキャンプ場というイメージです。

薪はスーパーのかごのようなものに満タンに詰めて1,000円くらいでした。かわいいわんこもいます。

もしかしたら隣の山のほうまでもう少しだけ広げるかも知れない、というお話しもされていたので、また定期的に行けたらいいなと思っています。

ほったらかし温泉がすぐ近くにあるので、ぜひ行ってみてください。富士山を見ながらお風呂に入れます。僕が行ったときは冬だったんですが、陽ざしがあって、麦わら帽子のような昔の人がかぶるようなのをかぶって入った記憶があります。

ゆるキャンでも登場したキャンプ場と温泉なので、今人気でなかなか予約が取れないんじゃないでしょうか…。街の明かりを見ながらキャンプするというのが初めてだったので、すごく楽しめたキャンプ場です。

自分が大好きなキャンプ場を広めるとますます予約が取れなくなるかも知れないんですけど、そこは独り占めせず、良いものは良いと紹介していきたいと思います。

浩庵キャンプ場 (山梨)

こちらも山梨県のキャンプ場で、富士五湖の本栖湖にくっついているようなところです。千円札に描かれている富士山の原画の場所だそうです。

僕が行ったのは冬の平日だったのですが、冬はクルマで行くなら四駆じゃないと絶対行かれないと思います。少しでも雪が降ったり、積もったりすると登れなくなるんじゃないでしょうか?

料金はそれほど高くなかったです。

湖畔のキャンプサイトと林の中のキャンプサイトがあって、僕が泊まったのは湖畔のほうでした。湖畔の方は砂利でけっこう斜めになっているので、コットとかを持っていくとまっすぐに眠れるんじゃないかと思います。

目の前に富士山がどーんと見えて、本当に気持ちよかったです。湖畔には僕以外に1組か2組しかおらず、満喫できました。

当時はカメラの技術もなくて星空とか撮れなかったんですけど、後から調べると「星を撮るのに最適な場所」という投稿も多いです。今度また撮りに行きたいと思いながら行けていないですね…。

天気も良くて、すごく気持ちよかったです。朝日もうまい具合に見られ、壮大な景色を見ながら楽しめました。湖もすごく綺麗です。深さもかなりあるらしいです。

山梨は良いキャンプ場が多いですね。富士山が見えるだけでやっぱり全然違いますよね。

僕は人の多いところはあんまり行かないようにしているので、今後行けるタイミングがあるか分からないんですけど、空いていそうなタイミングを見極めてまたぜひ行きたいキャンプ場です。

ふもとっぱらキャンプ場(山梨)

皆さんよくご存知の場所だと思います。

ふもとっぱらのキャンプ場は、キャンプを始めた初期の頃に行って、初めて富士山を目の前に見て、あんなに広い大草原のどこに泊まったらいいか分からないくらいのときに行きました。

僕は友達と行ったんですけど、その時はそれほどお客さんも多くなく、ゆったりと楽しめました。

今もう週末の動画とかライブカメラを見ていると、ぎっしりですよね。あれだけ多いと僕はなかなか行こうという気持ちになれないんですけど、あれだけ広くて目の前に富士山が見える場所なら、人が少ないときにぜひまた行きたいです。

僕はキャンプを始めた初期の頃に行ったということもあって印象深く、今回の絶景キャンプ場に入れてみました。

ゴンドーシャロレー(熊本)

国内のキャンプ場紹介はこちらでラストです。

ここは、元々牧場をしていた場所をキャンプ場に切り替えたそうです。なので、芝生のコンディションがすさまじく良いです。今までに経験がないくらいフカフカの芝生で、マットレスがなくても寝られるくらいです。冗談と思うかも知れないですけど、本当です。

もちろん直火は禁止ですし、焚火台を使うにしても焚火台の下に受付でいただく木を敷いて使う形です。

僕は許可をもらってドローンを飛ばしたんですけど、標高が900mで、阿蘇の絶景が一望できる天空のキャンプ場と言われています。陣馬形山キャンプ場と同じような感じで、標高は陣馬形山のほうが高いですけど、熊本のゴンドーシャロレーもかなり景色が良く楽しめました。

僕が泊まったのは噴水広場という場所でしたが、泊まるところがたくさんあって、それぞれ景色が違うそうです。どこのサイトがどんな景色が見られるという紹介動画もあるのでぜひ御覧ください!

僕が泊まった噴水広場に関しては、パノラマで360度ぐるっと見渡せる場所でした。星も空が広く見渡せる場所だったので、撮影も非常にしやすくてよかったです。

平日で季節も冬だったので、確か僕ら以外に一組もいませんでした。非常にゆったりと楽しめました。

熊本なので関東の方なんかはなかなか行く機会がないかも知れませんが、ぜひ行ってみて頂きたい場所です。帰りはソフトクリームとかも食べられますし、阿蘇・熊本はとても良い場所でおすすめです!

クラナオークアイキ・キャンプグランド(ハワイ島)

こちらはまだ動画にしていない内容ですが、先におすすめキャンプ場として公開してしまいます!

先日仕事でハワイに行く機会があって、1週間あるうちの2日はハワイ島に行ってキャンプをしようと思って行ってきました。

いろいろ調べて、山と海でキャンプをしたいなと思って行ったうちのひとつが「クラナオークアイキ・キャンプグランド」というところです。

このキャンプ場は、僕が人生で見た星空のなかでダントツ!で一番でした。

冗談抜きで、目で見てもめちゃくちゃ見えます。天の川も普通に見えます。そのくらい、空が暗い。星が見える。

昼間は焼けて痛いくらい陽ざしが強いんですけど、夜はダウンジャケットを着て過ごしました。ダウンジャケットでもちょっと寒いくらい。

ハワイ島のキャンプ場2箇所に1泊ずつ続けて泊まったんですけど、ウォルマートでテントや明かりを買って泊まったので、装備はあまり充実していませんでした。ハワイなのでそんなに寒くないかな〜と思っていったんですけど、実際はめちゃくちゃ寒かったので、モンベルのウルトラライトダウンを持って行っておいて良かったです…。あれがなかったら凍え死んでいたと思います。

ここのキャンプ場は口コミもそんなに多くなくて、僕の友達で英語ネイティブの人にいろいろ調べるのを手伝ってもらって行きました。

口コミによっては人が多すぎてキャンプサイトに入れない!という情報もあったんですけど、僕が行ったときは他にもう一組、毎週来てるぜというめちゃくちゃベテランの雰囲気の方が来て楽しまれていました。

とにかく星空が綺麗ですね。それを見るためだけに行く価値は全然あります。ぜひ行ってもらいたいです。

僕が撮った写真はまだまだレベルが低いと思うので、ぜひ実際に行かれて体験していただきたい、というくらいおすすめです。単純に「絶景」という点でいうと、人生で今後これ以上の場所に出会えるのかな?というくらい良かったです。

ホテルとかに泊まるより、ウォルマートでテントなど買っても1万円くらいで揃うので逆に安上がりだったかなと思います。

ウィッティントン・ビーチ・パーク(ハワイ島)

海がずーっとみえるところの公園の一部にキャンプができるスペースがあって、そこでキャンプをしました。

ここは行ったその日は曇りで、星をタイムラプスで撮りたかったんですけどなかなかうまく撮れませんでした。残念だなと思ってたんですけど、この木なんの木気になる木〜♪みたいなやつの下にテントを張って寝て、確か4時半くらいに朝日を撮ろうと思って起きたんですよ。

そして空を見上げたら、天の川がどかーーーん!!と見えて、それを撮った奇跡の1枚がこちらです。

これは本当にびっくりしました。まさかこんな写真が朝イチで取れるとは!
このあと10分くらいしたら明るくなったので、完全にこれはタナ史上奇跡の1枚と言っても過言ではないくらいの出来だと思っています。(実は、ピントぼけてるんですけど)

海が砂浜ではなくて岩なので、そちらにテントを張ることはできないので、陸地の方にテントを張って寝ました。

こちらは、シャワーがありましたね。シャワーがあってトイレがあって、雨が降ったときにみんなで雨宿りしながらBBQできるスペースが3つか4つあったので、週末なんかは現地の人が来てやってるんじゃないかなと思いました。

ホノルルがあるオアフ島ではなかったので、ハワイ島まできてキャンプをする人がどのくらいいるのかな?とは思います。

本当はマウナケアの方に泊まれる場所があればいいなと思ってたんですけど、僕が行ったときはちょうどどの火山もマグマが固まって黒くなって見えないよと言われていたので、結局こちらの2つにしました。

このキャンプ場も相当良かったです!機会があれば、泊まらなくても、コーヒー飲みに行くくらいでも良いと思います。海が絶景で、水平線が見えるくらいの綺麗なところでした。

僕はカメラ6台くらい持って、余裕で飛行機の荷物重量オーバーで追加料金払いながら行ったんですけど、それでも行って撮影する価値がありました。

ハワイのキャンプ動画は、最近なかなかガッツリ編集する時間がなくてまだアップできていないんですけど、先にこちらの番外編としてご紹介しました。

まとめ

ということで、キャンプ歴1年のタナが選ぶ絶景キャンプ場ベスト5+海外編2つ、という感じでお送りしました。

国内のキャンプ場はほぼ全部、人からおすすめされて行ったところです。なのでぜひ、みなさんが行ったキャンプ場を教えてもらいたいです。僕はやっぱり絶景が大好きなので、星空がすごく綺麗!とか、湖がめちゃくちゃいい感じに見える!とか、そういったところを教えていただけるとすごくありがたいです!

YouTubeの動画で見ていただくと、各キャンプ場の雰囲気やスケール感などより伝わるかと思いますので、動画の方もぜひご覧ください。

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

ABOUT ME
ライターの写真
タナ
みなさんこんにちは。「タナ」と申します。 YouTubeでソロキャンプ動画配信中!33歳独身、ソロキャンプにどハマり中⛺️ 料理も大好きなので、キャンプ&料理中心で動画あげていきます!チャンネル登録お待ちしております!最新動画はリンクから?

新着記事

今週の人気記事

  1. Tシャツ1枚ではNG!夏の登山の服装のキホン
  2. 安いおすすめテント12選(初心者向け)ソロキャンプからファミリーキャンプ対応
  3. 登山靴洗ってみた!|ゴアテックスでもOK?洗い方と保管方法
  4. ブッシュクラフトナイフおすすめ6選!初めて買う前の選び方のポイントとは?
  5. 北海道に自生する山わさび | おススメ食べ方と栽培方法

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。