南浦和店スタッフブログ

南浦和店スタッフブログ

2018.4.13

岳犬

1516284044890

こんにちは

南浦和店の北村です。

突然ですが、皆様はペットを飼われていますか?高度経済成長を通り、先進国として活躍している我が国日本において、飼育されているペットも多種多様、犬猫、鳥といったポピュラーな動物のみならず、一般人では腰を抜かす様な動物を飼育されている方も多くいらっしゃる事と思います。

我が家ではコーギーがいます。1513495188492

名前は、山岳にちなんで「岳(ガク)」と命名され、年齢は23歳(人間換算、犬年齢で2歳)のエネルギーに溢れた若人です。

初めて出会ったときは、ヨチヨチと歩くブリキの人形の様に可愛らしく歩く彼でした。命名した名前も、自分に男の子が生まれたら付けようとした名前を命名し、姓名判断では不穏な運勢を暗示していましたが、そんな運命もなんのその。今や山地では縦横無尽に走り、ドッグフードは種類を選ばず、鹿の糞も木の実を食べる様に美味しく食べる逞しい青年に育ちました。

そんな彼と初めて登った山は、長野県の車山でした。ぜぇぜぇハァハァと息を荒げ「そろそろ抱っこでしょうよ。」と見つめられ、心を鬼にも出来ずに抱き上げて登頂した初めての山。数日後にリトライした車山では、死の淵から蘇った異星人の如く、強靭な脚力で登頂を果たし、犬の適応能力に驚かされました。

それから幾度となく山に登り、高尾山から丹沢、近所の里山まで、何座も登り歩いてきた家族となりました。すれ違う登山者にも軽快なスキンシップを求める彼ですが、誰に似たのか女性には弱く、気がつくとすれ違った女性の背後をスススッと忍び寄る破廉恥な男でもあり、彼の考えている事が痛いほどに共感できるところから、直感で選ぶ事は案外正しいことなのだと感じます。

犬との登山は、人と登る山とはまた違う発見をもたらします。人が登る道とは違うルートを構築し、時には自分では気がつかない動植物の気配を察知し、息が合うと絶妙なペースメーカーぶりを発揮し、単調な登山道でも犬がいると気分も紛れ、これまで登ってきた山も違う色、違う景色に見えてきます。

何より、素直で純真(と思うが、ワンしか言わないし分からない。)な犬の変化は面白く、フィールドに入ると息を吹き返したかのように元気が良く、登り終えた後に絨毯の様に伸びて眠る姿は「連れてきて良かった。」と思わせてくれます。

仕事帰り、彼はいつも妻と一緒に帰り道の途中まで迎えに来てくれます。魚雷のように一直線に駆け、舌筋を全力に稼働させたペロペロを見舞ってくれる事と思います。

マウンテンシティ南浦和店では、様々なジャンルに特化したスタッフがご対応しております。

お困りの事がありましたら、いつでもお立ち寄りくださいませ。

※記事の掲載内容、所属や役職は執筆当時のものです。