南浦和店スタッフブログ

南浦和店スタッフブログ

2018.4.8

子どもと登山へ

1521689050781

こんにちは。

南浦和店の北村です。

昨日の関東地方は雨予報でしたが、嬉しい誤算の好天。休暇の皆様は天真爛漫な少年の如く、飛び跳ね狂喜乱舞、楽しいアウトドアライフを送られていたかと思います。

子どもの頃、まだゆとり教育に差し掛かる前の世代である私は、土曜日の正午から日曜日の深夜24時までが休暇日。半休と公休の36時間をフルパワーで楽しんでいました。当時は登山こそ楽しんでいなかったのですが、近所の公園に行っては苦手な球技に汗を流し、夏は小学校の水道をグビグビと飲み続け、ひたすらに外で遊んでいた記憶があります。

いつからか、そんなカロリー消費を生甲斐とする生活から離れ、文明社会に生きるための教養を身につけるべく学業に専念し、手に職を得るべく資格を取得し、気がつけば1日1,000歩すら歩いていないのではと思うほどに家畜に成り果て、子どもの頃はとよくある言葉を口にしていた時期もあり・・。

今は登山を始めとしたアウトドアに精を出し、心にはゆとりある生活を取り戻した昨今、自然と文明の共存に未来を感じる中、次世代である娘と登山に行く日を夢見ています。

1521689050781

今月で9ヶ月の愛娘。我が子が世界で1番可愛いと思えるのは、親バカ以外の何者でもなく、子を抱くまでは、そういうもんかと思っていたものですが、本当にそういうものでした。

登山を始め、アウトドアは成長と変化を自他共に感じることのできるジャンルです。山頂という物理的に明確で、そして自分の力では揺るがない大きな存在である山という目標に対し、自分の持ち得る感覚を総動員して目指していく行為に対し、体に変化がないわけなく、登山という行為の連続によって、日常とは違う自分と、昨日できなかったことが今日できる、新たな自分の発見と喜びを自然から享受される。

毎日20時以降、娘の成長を数時間眺めながら眠りについていますが、24時間娘のそばで成長を感じたいというのも親心でしょうか。いろいろ思慮深く考えていても、結局は娘と楽しい時間と共有を、ということなのかもしれません。

娘は、純粋無垢、潔白な心を持って育っています。愛用のザックにヨダレを○ml流されようと、アウトドア雑誌を噛みちぎられようとも、それは山から湧き出る奇跡の一雫の様に透明度の高い魂を持っているが故の行為であることを信じています。そんな気高く美しい娘と山に行ったら、きっと新しい発見が待っている事と思います。オムツは沢山持っていかないと。

ゴールデンウィークが近くなり、ご家族様始め、キャンパーの皆様は色々道具をお求めかと思います。

南浦和店では、キャンプ道具も勿論取り揃え、お探しの物があれば倉庫から在庫があればお探しする事もできます。

 

ぜひ一度、お立ち寄りくださいませ。

※記事の掲載内容、所属や役職は執筆当時のものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加