南浦和店スタッフブログ

南浦和店スタッフブログ

2018.3.31

檜洞丸へ

KODAK Digital Still Camera

こんにちは

南浦和店の北村です。

今月、関東地方では異例の降雪があり、地元丹沢は今期最後の積雪。春山の散歩がてらの登山予定が積雪ピークハントとなり、丹沢ならではの、ズッシリ深深の雪山を楽しんできました。

選んだ山は、丹沢西部に位置する檜洞丸(ひのきぼらまる)。標高1,600mのこの山は、展望こそ少なかれど、山頂周辺のブナの木を始め、秋には色彩豊かな植物が登山道に花開き、西丹沢では有名な一座となっています。

ところで、丹沢西部の西丹沢は、山域の中でも深部に位置し、神奈川県側の大倉を始めとした表丹沢からアクセスすると日帰りは健脚でなければ困難な場所が多く、ユーシンブルーで有名なユーシン渓谷を含め、正に秘境とも呼べるエリア。主要な登山口である西丹沢ビジターセンターへは、渓谷沿いの道路を使ってバスが出ていますが、交通網の発達前では、渓流沿いを通り尾根に至るルートで向かうなど、今でこそ秘境感は薄れていますが、その山深さは筆舌に尽くしがたい魅力に溢れています。

今回、山頂にはビジターセンターから谷間をトラバース気味に歩き、ゴーロ沢出会いに到達、そこから尾根に取り付き山頂を目指すメジャールートを選択しました。

序盤は心和ます道が。

KODAK Digital Still Camera

ゴーラ沢出合

KODAK Digital Still Camera

尾根に取りつくと積雪が。

 

 

 

 

 

 

 

KODAK Digital Still Camera

頂上は雪で覆われていました。

KODAK Digital Still Camera

頂上は今期最後の積雪を楽しむ登山者で賑わい、ここから一気に訪れる春に想い巡らせながら、しばしのティータイム。

通常、ここからの下山ルートでは北に伸びる尾根を伝う犬越路ルートが、途中までの展望も良く一般的ですが、踏み跡も少なく、時刻は13時。最終のバスに間に合うか怪しい時間となったので、ルートを石棚山を経由しキャンプ場へと下りる道に変更。

犬越路へ続く稜線への展望を撮影し、本日は下山。

KODAK Digital Still Camera

丹沢はその立地と成り立ちから、山頂までの傾斜が急勾配、かつ水分をたっぷり含んだ重たい雪を纏うため、標高の割に困難な印象を受けます。今回の下山ルートも勾配は急で、斜面は日が照りやすい東側を向いているところでは雪も溶けてぬかるんでいたため、足元に全神経を集中しながらの下山となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

犬越路へ続く稜線への展望を撮影し、本日は下山。

下山すると渓谷沿いに到達。

KODAK Digital Still Camera

ここからはビジターセンターから来るバスの停留所があり、下った尾根を見上げ、一休みして帰路につきました。

登山は登るまでも楽しいですが、登った後も最後の余韻がとても楽しいもので、自分が登ってきた山を見ると、何故だか一層綺麗に、そして誇らしく見えるのです。

自身で望み、目指し、辿ってきた路は自分だけのもので、登山した人が良く聞かれる「なんで登るんですか」という質問の答えのひとつの気がします。

明日から4月。新しい生活、新しい門出に桜も満開な今日、マウンテンシティでは新しくアウトドアライフを始める皆様を応援しています。

ご来店を心よりお待ちしております。

 

 

※記事の掲載内容、所属や役職は執筆当時のものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加