スノーピーク買取

もう旅行と登山で悩まない!バックパック容量の選び方

引用:スノーピーク

登山や旅行に向けてよく悩むのが、持っていくパックパックのサイズと容量。そこでサイズ別の特徴やシーン別に必要なサイズの目安など、バックパックのサイズと容量に関して説明します。

「日帰り登山」と「泊まり込み登山」かわるバックパックサイズ

mc_bp05_01snowpeak

引用:スノーピーク

登山に必要なものと言えば何を思い浮かべるでしょうか?パッと思い浮かべるだけでも「水筒」や「行動食」、「レインウェア」などが挙げられます。また、「日帰りの登山」か「泊り込みの登山」かによっても持ち物は変わるので、サイズもかえたほうがよいでしょう。日帰りの登山の場合、先ほど挙げた最低限のアイテムを持参すればいいので30Lのバックパックで十分です。しかし、泊り込みになるとテントやシュラフなど大型のアイテムが必要になります。キャンプなどをする場合は調理道具なども必要なので、これらを持ち込む場合は45L以上のバックパックが最適です。

冬には数十kgにも!必要な耐久性とサイズ

mc_bp05_02montbell

引用:モンベル

四季折々、登山は様々な顔を見せてくれますが、季節に応じて持参するアイテムが大きく変わるのも登山の特徴です。夏の登山には換えのシャツ、冬の登山にはマウンテンパーカーなどが挙げられます。冬の登山の方が荷物はかさ張る事が多く、大き目のバックパックが必要です。

本格的な雪山を登る場合は「アイゼン」といった滑り止めの付いたブーツやトレッキングポールなどが必要で、完全にアイテムを揃えると、その重量は数十kgに及びます。ですので、バックパックは耐久性に優れ、肩や背中に負担は掛かり難いものを選ぶようにしましょう。

シーン別サイズ容量まとめ

mc_bp05_03northface

引用:ノースフェイス

デイパックと呼ばれるタウンユースのバックパックは約15Lほどと言われています。では、どこからが登山用のバックパックというのでしょうか。標準サイズと言われるバックパックは30Lです。着替えや最低限のアイテムを収納する事出来るバックパックになります。中級者向けのバックパックのサイズは45L。最低限必要となるアイテムの他に、山岳マップやコンパス、ゲーターなども収納する事が出来ます。また45L以上のバックパックとなるとアウトドアシーンはもちろん、長期旅行などにも使用する事が出来ます。世界中を旅するバックパッカーの多くは、60Lほどのバックパックを選んでいます。