2017.04.10

山めし 記事一覧

山めしの人気メニュー!ラーメンをよりおいしくする5つのポイント

74_0_20170225

引用:pixabay.com
登山の楽しみといえば、やっぱり山めし!空気と景色のいい山では、何を食べてもおいしく感じます。けれども、ちょっと手間をかけて自分で作った温かいごはんは格別のおいしさ!特に、皆が大好きなラーメンは、バリエーションも簡単に作れて心も体も温まります。ここでは、山で食べるいつものラーメンをよりおいしくするコツや必要な道具・材料などをご紹介しましょう。

山でラーメンを作るときに必要な道具はこれ!

74_1_20170225
引用:amazon.co.jp
山で作るごはんは最高!……とはいっても、やはり登山のときにはできるだけ荷物はコンパクトにしたいものです。「最低限これさえあればラーメンを作れる」というのは以下の道具になります。

ガス一体型のシングルバーナー

74_1_01_20170225引用:amazon.co.jp
コンパクトで持ち歩きに便利なガスストーブです。
人気があるのはSOTO・PRIMUS・snow peak・コールマンなどの製品です。

深型のクッカー

74_1_02_20170225引用:amazon.co.jp
そのまま丼として使うので、深いクッカー(鍋)が便利です。いろいろなメーカーから発売されていますが、新潟県のメーカー「キャプテンスタッグ」ではラーメン用のステンレスクッカーを作っています。インスタントラーメンを入れて持ち運べ、一人分の水の目盛りも付いているので便利なのです。また、ユニフレームでも熱伝導率が高いアルミニウム製のラーメン用クッカーを販売しています。

その他

・防水マッチ
・お箸以上の道具、食材、水があれば山でラーメンを作る&食べることを楽しめます。

山で食べるラーメンは、何がおすすめか?

74_2_20170225引用:amazon.co.jp
家で作るなら生めんでもいいのですが、やはり山で作るなら簡単にできるインスタントラーメンが一番です。食品の通信販売サイトなどで定番的に人気があるのは、「サッポロ一番」や「マルちゃん正麺」、韓国の農心「辛ラーメン」です。また、即席棒状麺のパイオニア「マルタイ」のラーメンも根強い人気を保っています。

そして、ラーメンの煮込みに使う水にペットボトルを使う場合は、くせのない「軟水」がおすすめです。 「山でラーメンスープが残ったらどうする?」というのは、よく問題になりますがそのまま地面に捨てるのはNGです。スープの残りはクッキングペーパーなどに含ませてゴミ袋に入れて持ち帰ってください。もしくは、きちんと完食するか余ったスープにご飯を投入しておじやを作って食べ尽くしましょう!おじやのレシピは後の項でご紹介します。

山ラーメンをさらに美味しく!オススメのトッピング

74_3_20170225引用:pixabay.com
クッカーでお湯を沸かし、ラーメンを入れて粉末のスープを投入して出来上がり!……これだけでも山で食べれば十分に美味しいのですが、さらにトッピングを足すとより楽しめます。忘れずに持っていきたいのは、刻みネギ・煮卵・チャーシュー・メンマです。そのままパックに入ったものを持って行ってもいいですし、使う分だけを一つのタッパーにまとめて入れて持っていくのもいいでしょう。

そのほかにも、トッピングすると美味しい調味料としては、バター・ラー油・ゆずコショウ・コチュジャン・鰹粉末・一味唐辛子・チューブのすりおろしニンニク・カレー粉などがあります。全部そのまま持っていくのは大変なので、100円均一で売っているピルケース(1日分ごとに仕切ってあるタイプ)に、お好みの調味料を少しずつ分けて入れるのがおすすめです。

さらに、ちょい足し食材としておすすめなのは、溶けるチーズ・のり・コーン・モチ(しゃぶしゃぶ用の極薄モチ)・キムチなどがあります。持って行くときは、食べる分だけラップに包んだものを、まとめてジップロックに入れるとタッパーなどの容器を使わないで済むのです。 ラーメンスープの味に合ったものを選んでくださいね。

ゴミを出さずに残さず食べる!スープ再利用法

引用:pixabay.com
ラーメンを食べた後に残ったスープは、再利用して食べきってしまいましょう。

1.シンプルおじや

残ったスープにご飯を入れておじやにする方法です。ご飯を家から持っていく場合は、そのまま何の味もつけずにおにぎりにしてラップに包むと運びやすくタッパーも不要です。また、コンビニのおにぎりを利用してもいいでしょう。梅干しや鮭、たらこなどシンプルなおにぎりのほうが合います。

2.トマトチーズリゾット

塩ラーメンのスープに、トマトジュースとご飯を入れて煮込みます。仕上げに溶けるチーズを入れてかき混ぜるとリゾット風のご飯が出来上がり!

3.キムチクッパ

塩・味噌・醤油、どのスープでも作れます。残りスープにキムチとコチュジャンを入れて味見をしてから、ご飯と乾燥わかめを入れ煮込みます。刻みネギを投入して溶き卵を回しかけて仕上げてください。お好みで白ごまをかけるとより美味しくなるでしょう。

ラーメンスープでおじやをつくるときは、乾燥野菜や乾燥わかめなどを持っていくと重宝します。また、ラーメンを作るときに水をやや多めにするといいでしょう。ラーメンを作るときに、スープの素は全部使わずに少し残しおじやのときに味見をしながら足すのがおすすめです。味が濃い場合は水で薄めるので、ペットボトルの水を持っていくときには、飲料水分+ラーメンスープ分+おじや分を考えて多めに持っていくほうがいいでしょう。

山でラーメンを食べた後の、上手な方づけ方法

74_5_20170225引用:montbell.jp
山でラーメンを作った後は、洗剤を使って汚れたクッカーを洗う場所はありません。「どうやって後片付けすればいいの?」と心配な人もいるでしょう。 そこで、おすすめなのがウエットティッシュです。アルコール入り除菌タイプのウエットティッシュを持参し、汚れたクッカーの内側に付いた油分などを拭き取りましょう。数回拭くときれいに汚れが取れます。使用後のウエットティッシュや食材を包んできたラップなどは、まとめてゴミ袋に入れて持って帰ってくださいね。

スタッフのオススメ記事

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。