2017.04.12

クライミング・ボルダリング 記事一覧

今日本人が優勝でも話題の、ボルダリングワールドカップについて

19_0_20170127

引用:flickr

ボルダリングとは、ロープを使わずに登って落ちても負傷しない程度の高さの岩を自分の手足の力だけで登るロッククライミングで、東京オリンピックの追加種目として決定したスポーツクライミングの一部に含まれるなど、今注目されているスポーツです。そのボルダリングのルールや、国内外の大会について、中でも2016年に日本人の楢崎智亜さんが年間チャンピオンとなったボルダリングワールドカップについてご紹介します。

ボルダリングとは一体どんなスポーツ?

19_1_20170127

引用:flickr

ボルダリングはロッククライミングの一種です。ロッククライミングには、自分の手足にだけ頼って登る「フリークライミング」、はしごなど道具を使用して登る「エイドクライミング」がありますが、ボルダリングはフリークライミングの一種です。フリークライミングで、岩を登るのが「ボルダリング」と呼ばれます。ちなみに、高い壁を登るのが「ルートクライミング」です。ルートクライミングでは万が一落ちたとき地面まで落下するのを防ぐためロープをつけていますが、ロープでぶら下がった瞬間、道具が使用されたことになるのでフリークライミングではなくなるということになります。少し話はそれましたが、以上より、ボルダリングとは、ロープを使わずに登って落ちても負傷しない程度の高さの岩をフリークライミングするロッククライミングを言います。

実際にボルダリングをするときはどのような感じ?

19_2_20170123

引用:pixabay

ボルダリングは、自分の手足を使って登るので、必要な道具がシューズやチョークだけで、この道具が少ないことも特徴の一つです。

ルートと呼ばれる様々な難易度のコースの、壁にあるホールドと呼ばれる石をつかんで登ります。手でつかむことができるホールドは決められており、上級者コースでは足を置くことができるホールドも決まっています。落ちても危険ではない程度の高さのクライミングウォールを登りますので、ロープなどはつけていませんが、落下時に備え、下にはマットも敷かれていますので、落ちた時も安心です。

競技としてのボルダリングのルールについて

19_3_20170123

引用:ぱくたそ

ボルダリングの競技では、約高さ5メートル 、幅6メートルほどのクライミングウォールを登ります。ホールドは約10個ほどです。ホールドの持ちやすさや、壁の傾斜、ホールド間の距離によってルートの難易度が設定されています。スタートのホールドをつかんで出発し、ゴール地点のホールドを両手でつかんだら完登となります。もし完登できなくても、コースの途中に設定されているボーナスポイントのホールドを持っていれば、ボーナスポイントが加算されるというルールもあります。登っている途中で落ちても制限時間内であれば何度でも初めから登ることができます、登ることをアテンプトと言います。制限時間6分の間に、完登した回数の多さと、アテンプトの回数の少なさ、ボーナスポイントが加算されて、ボルダリングの勝敗は決まります。

ボルダリングの国内外の大会について

19_4_20170123

引用:flickr

ボルダリングの大会は国内でもボルダリング・ジャパンカップ、全日本クライミングユース選手権ボルダリング競技大会など、様々な大会が開催されていますが、国際的な大会も多く行われています。

東京オリンピックではボルダリング、リード、スピードの3種目が複合した形のスポーツクライミングという競技が追加され、今注目されているのです。国際大会にはIFSCクライミング・ワールドカップ、ワールドゲームズ、IFSC世界ユース選手権など様々な大会がありますが、それらの中でも、ワールドカップについて更にご紹介します。

ボルダリングのワールドカップで日本人が大活躍!

19_5_20170123

引用:ぱくたそ

ボルダリングのワールドカップは年間を通じて、中国、スイス、アメリカ、インド、オーストリアなど、世界中で行われています。ボルダリングだけでなく、ワールドカップではオリンピックのスポーツクライミングでも紹介した、リード、スピードという種目も開催されています。2017年には、東京八王子でボルダリングのワールドカップが5月に開催される予定です。

2016年のボルダリングワールドカップの男性の年間チャンピオンは日本人の楢崎智亜さん、2位は藤井快さん、女性は2位が野中生萌さん、3位は野口啓代さんと日本人の大活躍が話題となり、日本では今ボルダリングに大変注目が集まっています。そんなボルダリングに今後も目が離せません!

以上、ボルダリングというスポーツについて、競技の場合のルールや、現在開催されている国内外の大会までご紹介しました。日本人が大活躍し、東京オリンピックでも追加種目として決定した、スポーツクライミングに含まれるボルダリングに今後も大注目です。2017年5月には日本の八王子でワールドカップが行われますので、観戦に行かれることもおすすめです、日本人の活躍をきっとご覧になることができるかと思います!

PR:知ってた?あなたのアウトドア用品 キャンプ用品は高く売れるって。

知っていましたか?アウトドア用品、キャンプ用品、登山用品、釣具は非常に高く売れます。
マウンテンシティは累計買取件数も国内最大級NO.1買取価格宣言いたします!

これ、いくら?を知りたい方へ
写真を撮って送るだけ、お手軽LINE査定。

埼玉/東京など関東圏の方はこちら
さいたま南浦和店で無料査定&即日現金化。
川越南古谷店、新規オープン!無料査定&中古アウトドア用品販売中。

九州/福岡エリアの方はこちら
福岡筑紫野店で無料査定。広々店舗ではアウトドア用品も販売中!

全国対応の宅配査定はこちら
全国エリア対応。ダンボールの準備いらずでラクラク♪

登山用品を売りたい方へ
詰めて送るだけの宅配査定、全国対応。

キャンプ用品を売りたい方へ
量が多くても安心。ご自宅へ出張査定。

釣具を売りたい方へ
竿、リール、魚群探知機などもおまかせ。

宅配買取

スタッフのオススメ記事

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。