2017.04.09

トレイルラン 記事一覧

トレイルランニングを快適に楽しむ!機能的なウェア選び5つのポイント

8_0_20161227

引用 : gahag.net

最近、男女ともに「ハマっている!」という人が増えているのがトレイルランニングです。舗装された道路を走るマラソンとは違い、山や森林を走るトレイルランニングは自然の息吹を身近に感じつつ身体能力を高められます。キマリはないので自分のペースで好きなように楽しめるのも魅力でしょう。けれども、自然の中で行うスポーツなのでウェア選びが大切!快適なトレイルランニングを楽しめるウェア選びのポイントをご紹介します。

 

トレイルランニングのウェア選びで大切なこととは?

8_1_20161227
引用 : unsplash

トレイルランニングは基本的に山の中を走ります。そこで、四季を通じて「変わりやすい山の天気を想定したウェア」を選ぶことが大切なのです。トレイルランニングで必要な装備品は、シューズ・バックパック・ウェアの3つですがここではウェア選びについてご説明しましょう。
トレイルランニングウェアに求められるのは、気温・天候・体温・体調の変化に対応できる素材を用いているということです。そして、動きやすくて着心地が軽いことも大切でしょう。山という「変化の予測がつかない場所」を走るということを念頭に置いてください。

 

トレイルランニングウェア選び〜3つのポイント〜

8_2_20161227
引用 : Amazon

トレイルランニングウェア選びで大切な3つのポイントをご紹介しましょう。

1. 体が冷えない
トレイルランニングの前半は、運動量が多いので体も温まります。暑くなって汗びっしょりになる人もいるでしょう。けれども、途中で休憩のために立ち止まったり、急に風が吹いてきたりすると汗を吸い込んだウェアが冷えてブルッとすることもあります。そこで、汗を吸い込まずに素早く「透過」し「撥水(はっすい)」する素材で作られた体を冷やさないウェアが向いているのです。

2. まとわりつかない
汗をかいたウェアが体や腕、足などにまとわりつくと不快なだけではなく、動きも制限されストレスが溜まります。常にサラッとした着心地を保てるウェアのほうが快適にトレイルランニングを楽しめます。

3. 防風機能がある
2〜3時間のトレイルランニングではなく半日ほど走るのであれば、防風性のある「羽織もの」も必要です。標高が100メートル以上になると気温も下がり、風速1メートルで体感温度が1℃下がります。寒さを感じたときに気軽に羽織れる、軽量で防風機能のあるウェアは体温と体力を温存してくれるのです。

 

下半身に負担をかけないボトム選びも大切!

8_3_20161227
引用 : Amazon

トレイルランニングは起伏に富む山道を走るスポーツなので、下半身に負担がかかります。そこで、負担を軽減し足腰の冷えを防止する意味でもロングタイツが必要です。伸縮性があり膝や腰のサポート機能が付いている製品を選びましょう。凸凹道の衝撃を受け続ける股関節や下り坂で負担がかかるひざ関節を安定し、体幹のブレをセーブする働きのある高機能タイツはさまざまな種類があります。初心者はもちろんのことベテランでも疲れ方の違いを実感できるはずです。

ただし、タイツは伸縮性があり動きやすいのですが摩擦に弱いのが難点!一番痛みやすいのは、尻もちをついたり座ったりして擦れる「お尻」なので、保護するためにもショートパンツを重ねばきしてください。

 

トレイルランニングウェアで人気のブランドとは?

8_4_20161227
引用 : Amazon

1.フルラインが揃うブランド
・salomon(サロモン):フランスに本社があるスポーツブランドで、世界最高峰と呼ばれているトレイルランナーのキリアン・ジョルネが愛用。トレイルランニングウェアはもちろん、シューズも初心者からベテランまで幅広く支持されているブランド
・THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス):アウトドア用品などで有名なアメリカのブランド。富士山麓約160キロを一周するレースをイメージして作られたシリーズはミニマルながらも最高のパフォーマンスを実現できると評判

2. その他のウェアブランド
・Super.natural(スーパーナチュラル):スイスのブランド。上質の天然繊維とテクノロジー繊維の優れた特性を融合したハイブリッド素材が特徴
・Patagonia(パタゴニア):環境問題に取り組んでいることでも有名なアメリカの人気ブランド
・OMM(オリジナルマウンテンマラソン):雨が多く多湿なイギリスのレースでいかに素早く快適に動けるかをコンセプトに機能性の高い製品を追求
・MMA(マウンテンマーシャルアーツ):「機能性とデザイン」をコンセプトにスポーツテイストにモダンやクラシカルな要素を取り入れたブランド
・Mont-bel(モンベル):「function is beauty」と「Light &Fast」をコンセプトにしている日本のアウトドアブランド

 

持っていると便利なレイヤーアイテム

8_5_20161227
引用 : Amazon

アームカバー:スポーツ用のアームカバーは筋肉の揺れを防止し疲労を軽減するとともに、こまめに温度を調節したり、雨や日焼けを防いだりとフレキシブルに活躍するアイテムです。薄いので使用しないときにはポケットにしまえて便利でしょう。

レインジャケット:雨になりやすい山では通気性・防水性・透湿性の高いレインジャケットが1枚あると重宝します。春夏シーズンは雨対策として秋冬は防寒対策として使えるのです。色を選ぶ時には、見通しの悪い天候の中でもすぐに認識しやすいような、赤・黄色・オレンジなどの鮮やかな色を選んでください。

 

楽しむためにもウェア選びはしっかりと!

いかがでしたでしょうか?トレイルランニングは、自分のペースに合わせて楽しむことができます。初めての人はもちろん、ジョギングや登山を趣味にしている人も「山や森林の雄大な景観と、走る爽快さの両方を味わえる!」とトレイルランニングにハマっているようです。

ジョギングやマラソンとは異なり、天気の変わりやすい野山を走るトレイルランニングの場合は、機能性の高いウェアを選ぶことが何よりも大切なことがお分かりいただけたかと思います。選ぶときにはサイズも間違えないようにしてください。そして、仲間とはぐれたりトラブルが生じたときのためにも、自然の中で目立つような鮮やかなカラーでコーディネートするのがオススメです。

スタッフのオススメ記事

「山って面白いな。。いいね!」

私たちはこのサイトを訪れたお客様に楽しい気持ちになってほしい。 そんな想いでこのメディアサイトマウンテンシティを立ち上げました。

ただの商品紹介に終わらず、山の面白さ、奥深さを提供したい。面白いから山が好きになってしまう。好きになるから、山へ足が動いてしまう。登山、山登りの経験がない人からベテランの人も、山をさらに好きになる、行きたくなるWEBメディアを目指しています。